女性は出産後に様々なトラブルを抱えてしまいがちです。

女性は出産後に様々なトラブルを抱えてしまいがちです。
産後に尾てい骨が痛む、という女性の声も多く耳にしますが、それはどうして起こるのでしょうか。

尾てい骨は正確には「尾骨」と言います。骨盤の一番下にある骨で、仙骨と言う逆三角形の骨の下についています。骨盤は様々な筋肉や靭帯に支えられています。
出産の時を迎えると、ホルモンバランスもダイナミックに変動し、狭い産道も赤ちゃんが通れるほどまでに広がりをみせます。
特に赤ちゃんが大きかった場合には尾骨の関節も圧迫を受けやすく痛みを感じやすいものです。尾骨はお尻の穴の後ろの方にあるので、排便の時や座った時などに痛みを感じやすくなってしまいます。

出産後の尾てい骨の痛みは自然に改善すると言われていますが、痛みが出ないように予防をする方法はないのでしょうか。

出来ることがあるとすれば、妊娠中から正常な骨盤位置を保てるように体操やヨガなどを行っておくことです。何のケアも行わないまま骨盤に負荷をかけてしまうと、正しい状態に戻すことが難しくなってくるからです。赤ちゃんがお腹にいた状態を長く保っていた分、からだの使い方も異なりますので、妊娠中はその時期に合ったからだの使い方を覚えておくことが大切です。

産後に痛みが出てしまった場合には、安静に保つことが一番です。尾てい骨も骨盤の一部で、痛みを感じている部分が尾てい骨だけに限られている訳ではないかもしれないからです。骨盤の人体や筋肉を損傷する場合もありますから、無理をしないことが一番です。安静にしても尚痛みが続く場合は病院で診てもらうことが大切です。整骨院ではレントゲンは撮れませんので、検査をきちんと受けるのであればお産を行った産婦人科で相談をするか整形外科で診てもらうことをおすすめいたします。

カテゴリー: スキンケア | コメントは受け付けていません。

産後クライシスという恐い現象

赤ちゃんを迎えて新しい生活がスタートして間もなく父と母になった夫婦の間に突然訪れる「産後クライシス」という状態について色々な角度から考えてみました。

■産後クライシスとは?

NHKの朝の情報番組から発信された言葉【産後クライシス】というのは出産を経て急に冷え込んでしまう夫婦関係の状態を指すというのですが実際にこれは誰もせいでもなく、男と女という単位から父と母に進化した二人の人間の間に流れてしまうある意味、致し方のない状況なのではないのでしょうか。誰もせいでもないのです。

一般的に夫の不在の間に悪戦苦労の育児の中で妻側はどこか孤独感を感じ始めて生理的にも出産を経てホルモンバランスも変化しつつあるのです。色んな状況が絡み合って夫に対して冷めた言葉をつい吐いてしまうというのが本音だと思います。

夫の無神経さや些細な言動が妻側の心を強く傷つけてしまうのです。待望の赤ちゃんの誕生をきっつかけに夫婦仲が悪くなるというのは悲しいことですが、実際にはなかなか避けられない現実でもあるのです。

■乗り越えるために

愛し合って結婚をして夫のために尽くしてきた妻にとって出産後の愛情の矛先というのは自ずと赤ちゃんに向けらえます。それだけ純真無垢で無力な赤ちゃんに対して最善を尽くし育児に勤しむというのは当然の気持ちです。

さらに結婚前から新婚時代のような【愛情】を夫に素直に向けらえる程に妻の心に潤いは残っているのでしょうか?恐らく難しいことだと思います。子育ては一人でするものではないのです。

ここが産後クライシスを乗り越える大きなポイントなのです。どうしても赤ちゃんと二人きりの時間が長い妻は何もかもが閉鎖的に考えられてしまうという現実があるのです。

だからこそ子供が0歳から3歳という育児真っ只中の中において夫の意識改革が絶対的に大事になって来ると考えます。簡単に言い換えれば育児中の妻に過剰な期待をせずにひたすら強力する姿勢を示すべきなのです。

■望ましい夫婦関係

産後の妻は今まで以上にナーバスになっているのだ・・という認識を持つことがある意味父としての自覚の一つに繋がると思います。夫婦の絆のピンチか?と思われる瞬間も正面から捉えて夫婦で変わろうという意識を持つことです。

産後の妻はイライラしがりで夫は妻が思うほど俊敏に動かない。これが現実です。だからこそ高望みをせずに日一日を頑張れば良いのです。ぶつかり合いを経て赤ちゃんを囲んでいつの間にか「家族」になっていくものです。産後クライシスは訪れる波だとしても絶対に乗り越えられるはずなのです。

カテゴリー: スキンケア | コメントは受け付けていません。

産後うつは男性にも来るの?

女性には産後2週間ぐらいは不安や不眠、イライラなどを感じることがあり、これらの症状はマタニティーブルーと呼ばれています。
女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステンなどが急激に減少し、ホルモンバランスが乱れることによって引き起こされると考えられています。
マタニティーブルーは一時的なものと言われていますが、この症状が2週間以上続く場合、産後うつを診断されます。
最近の傾向としてこの産後が母親だけではなく、父親の産後うつが増えているそうです。
特に育児に積極的な男性ほど産後うつのリスクがあるそうで、周りに育児の相談をせず、一人で抱え込んでしまうことが原因の一つと言われてます。
育児をする男性は今までの生活ががらりと変わり、夜更かしや過労、不規則な生活、栄養不足、精神的ストレスなど誰でも抱えている問題です。
男性は外で働き、帰ってきてから育児をするという環境が大きな負担になり、ストレスを抱えてうつ病になってしまいます。
また子供ばかりに目がいってしまう母親に対して、苛立ちを感じる人もいます。
子供が生まれ父親になったからと言っても、男性は奥さんにはいつまでも女性でいてほしいと考えているそうです。
これらの子供が生まれたことでの環境の変化でストレスを感じ、食欲不振や不眠、倦怠感などの症状が現れます。
この産後うつの治療は、一般的なうつ病とほとんど変わりません。
母親の場合は産後の体に良くないことと、母乳のために薬物治療は処方される薬に制限がありますが、男性は適切な宅物の投与で改善に向かうこともあります。
男性の産後うつで大切なのは、育児は夫婦共同で行うものということをきちんと夫婦で話し合うことです。
女性は旦那さんの意思をきちんと尊重してあげることが大切です。
お互いストレスを溜めないように役割を分担し、楽しみながら助け合って子育をしていきましょう。

カテゴリー: スキンケア | コメントは受け付けていません。

赤ちゃんを抱っこしていると腕に筋肉・・・太くなる・・・

どんなに華奢なママでも、赤ちゃんを持ち上げたり抱っこし続けていると腕がどんどん鍛えられていってしまいます。
しかも赤ちゃんは日々どんどん大きく重くなっていきますし、赤ちゃんと一緒に出かける時は何かと荷物も増えてさらに筋肉が付いて腕が太くなってしまいます。
産後はなかなかもとの体重に戻らずに悩む方も多いなか、さらに腕が太くなることだけは避けたいものです。
特に二の腕は食事制限やエクササイズでも細くなりにくい場所です。
育児に忙しく、ダイエットなど自分に使う時間は少なくなりますが、綺麗なママでいるためにはちょっとした努力が必要になります。
赤ちゃんを抱っこしたり、荷物を持つ時に使うのは腕の内側の筋肉、力こぶが出来るほうです。
腕の外側の筋肉は日常生活であまり使わない筋肉なのでたるんでしまい、余計腕が太く見えてしまいます。
この腕の外側の筋肉を鍛え、たるみをとることで腕をすっきりと見せることが出来ます。
ダンベルなどを使って鍛えることが大切なのですが、育児で時間の取れないママには普段の買い物などの荷物の持ち方をちょっと変えてエクササイズをしてみましょう。
腕を真っすぐに伸ばして荷物を持ち、腕を伸ばしたまま体の後ろに荷物を引きます。
少しきついと感じるくらいまで待ってから、左右交互にこの持ち方をしてみましょう。
また赤ちゃんを抱っこするのに、抱っこひもを使ってみてはいかがでしょうか。
最近では新生児から使うことの出来る抱っこひもや、たたむとコンパクトになるものなど種類もたくさん販売されています。
抱っこひもは使いやすく赤ちゃんが嫌がらない物を選ぶようにしましょう。
ですが、子供を抱っこできるのは数年です。
子供はどんどん大きくなってしまいます。
抱っこできるうちにたくさん抱っこしてあげましょう。

カテゴリー: スキンケア | コメントは受け付けていません。

肌のバリア機能が低下してしまう

アラサー、アラフォーになってくると、今まで問題なく使えていたスキンケアコスメが、急に刺激に感じたり、物足りなくなってしまったりします。
お肌の状態というのは、季節ごと、年齢ごと、体調ごとに、刻々と変化しているものなのです。
だから、肌に合わないと感じたら、スキンケアコスメを見直すタイミングなのかもしれません。
特にアラサー、アラフォー世代になってくると、肌が乾燥しやすくなり、バリア機能が低下してしまうから、肌に刺激の少ないスキンケアコスメ選びが必須になってきます。
最近は自然派思考が流行し始め、オーガニックコスメというのもたくさん出てきましたね。
できるだけ無添加で、自然な素材から作られた、肌への優しさにこだわったコスメを使うことで、負担をかけないという考え方も大切です。
アラサー、アラフォー世代になってくると、どうしても、スキンケアに重要なのは「与えること」だと思ってしまいますよね。
確かに、年齢を重ねるほどに肌に不足する成分もたくさんあるから、与えていくことも大切ではあります。
でも、それ以上に、「余計な負担をかけないこと」も大切なのです。
この部分を見落としてしまっているアラサー、アラフォー世代は、ますます肌にダメージを蓄積してしまい、将来の美肌から遠ざかっている可能性があります。
しっかり注意して、アラフィフになったときでも自慢できるような素敵な美肌を保ちたいですね。
自然派で優良なスキンケアアイテムが多数販売されているので、色々試して、自分に合ったものを見つけてみましょう!
自然な素材で出来たスキンケアコスメは、肌馴染みも良く、肌が喜んでいる感じが実感できます。
無添加のものは、安心して長く使用できるのが嬉しいですね!
毎日お肌に直接塗るものだから、食べ物と同じくらいに、気を遣いたいものです。

カテゴリー: スキンケア | コメントは受け付けていません。

どのスキンケアアイテムでも良いというわけではありません。

アラサー、アラフォーと言われる年代になってくると、どんどん肌の皮脂量や水分量が少なくなっていきますよね。
コラーゲンも衰えてきて、肌にハリや弾力が少なくなってきてしまいます。
すると、見た目にとても老けた印象になってしまうのが悲しいところです。
そんな肌状態を改善するために、世の中の女性は、アラサー、アラフォーと呼ばれる世代になっても、毎日一生懸命スキンケアを頑張っています。
特にこの年代のスキンケア用品には、不足しがちなものを補うという目的のものが多いですね。
例えば、不足してくるセラミドを補うことで水分不足を改善したり、コラーゲン生成をサポートできる成分を補うことで、肌のハリと弾力をアップするといったものです。

だから、アラサー、アラフォー世代の女性は、コラーゲンと名の付くスキンケアアイテムを見ると、飛びついてしまう人が多いものです。
でも、実際にはコラーゲンやセラミドといった成分は、分子が大きく、なかなか肌内部には浸透しにくいものです。
だから、入っていればどのスキンケアアイテムでも良いというわけではありません。
価格だけを見て選んでいる方の場合、その点で失敗していることも多々あるのです。
こういった成分は、ナノ化するなど、肌に浸透しやすい形・大きさで配合されているかどうかという点が非常に重要なポイントになってきます。
その点をよく考慮して、スキンケアアイテムを選んでいるアラサー、アラフォー世代の女性は、エイジングのためのスキンケアがしっかりできている方が多いですね。
日本には、しっかりした研究に基づいた優秀なスキンケアコスメが多いから、最大限、美肌のために利用していきたいですね!
肌に優しく、しっかりスキンケアができるアイテムを、年齢ごとに見直しながら使っていくのが、美肌を保つための秘訣ですよ!

カテゴリー: スキンケア | コメントは受け付けていません。

アラサー、アラフォーという肌の過酷な時期

肌の変化を本格的に感じてしまう年齢といえば、30才、40才を超えたころですよね。
一般的に、アラサー、アラフォーと呼ばれる世代です。
このころに一気に肌が変化してしまうのは、加齢によるものというだけではなく、今までに蓄積してきたダメージが一気に肌表面に現れてくるから、という理由もあります。
だから、できるだけアラサー、アラフォーになる前の、若い頃からのお肌のケアを怠らないことが重要です。
ですが、若い頃には「まだまだ少しくらいの無理はできる」と油断してしまい、どんどん肌にダメージを蓄積していってしまうのが現実ですよね。
すると、アラサー、アラフォーになる頃には取り返しのつかないことに・・・
「今さら必死でスキンケアを行っても、もう遅いかな。そんなお金も時間も無いし」と諦めている女性も多いものです。
でも、中には、「今からでも遅くない!」と、年齢を重ねたお肌に、復活の願いを込めて、必死でケアしている女性もいます。
そういう女性は、いくつになっても美を追求し続け、スキンケアも、自分史上最高の肌状態に導くために、日々研究を重ねています。
だから、アラサー、アラフォーという肌の過酷な時期を乗り越えられるのはもちろんのこと、アラフィフになっても、美魔女と呼ばれるまでの美しさをキープしていたりもするのです。
しっかり毎日、自分のお肌のためになるスキンケアを心がけていれば、お肌はきちんと応えてくれる、ということですね。
諦めずに、アラサー、アラフォーからのスキンケアをどう頑張るかで、そこから先の将来の肌状態が大きく左右されます。
できるだけ美しく年齢を重ねて、いつまでも輝いていられるように、美の追求は何歳になっても行っていきたいですね!

カテゴリー: スキンケア | コメントは受け付けていません。

将来お肌のために

アラサー、アラフォーといわれる年齢になってきて、多くの女性が抱く悩みの中の1つが、シミではないでしょうか?
シミという肌悩みは、昨日浴びた紫外線の影響が今日出る、というものではなく、今までの影響が蓄積されて、一気に出てきてしまうものです。
だから、10代、20代の頃に、「まだまだ若いから大丈夫!」と油断して紫外線をたっぷり浴びていた人は要注意です。
しかも、1度できてしまったシミというのは、そう簡単に改善できるものではありません。
美白用の化粧品を使っても、どんどん肌のターンオーバーが低下していく年齢肌では、効果もすぐには現れないのです。
エステや美容クリニックに通えば、シミを消してくれるような有効な施術もありますが、誰もが受けられるような気軽なものではありません。
とてもじゃないけど手が届かないような高級なコースがほとんどです。
「こんなことなら、若いうちに、もっと気をつけておけば良かった」と後悔しているアラサー、アラフォーの女性は多いですよね。
だから、いつまでも美しい肌を保つためには、10代、20代の頃から、そんなアラサー、アラフォーのスキンケア事情を理解して、将来のために気をつけておくことが大切ですね。
それだけで、将来お肌のためにかけなくてはならないお金も時間も、かなり節約することができます。
それでもシミができてしまった場合に、アラサー・アラフォー世代の女性は、「忙しいから」ととりあえずメイクで隠しながらやり過ごしてしまうことも多いものです。
これも、シミが治りにくくなる原因になってしまいます。
できてしまったらすぐにでも、スキンケア等で対応していくことを大切にしなければなりませんね!
肌悩みは、できるだけ早めの対処をしていくことが、解決への第1歩です!

カテゴリー: スキンケア | コメントは受け付けていません。

様々な肌悩みが、一気に加速していくのです。

10代、20代の頃には、特別なケアなんかしなくても、いつでも美肌でいられた・・・という女性も少なくないかもしれません。
ですが、さすがにアラサー、アラフォーとなってくると、どうしてもお肌は老化に向かって進んでいってしまいます。
今までよりも乾燥しやすくなったり、小じわができてきたり、シミが目だってきたり、様々な肌悩みが、一気に加速していくのです。
だから、スキンケアも、今まで以上にしっかり行う必要が出てきます。
だけど、アラサー、アラフォーというと、結婚して育児をしている人は、「これから育児にお金がかかる」というときだったり、「マイホームが欲しいからお金を貯めないと!」というときだったりで、スキンケアにまでお金をかけるのは難しいものです。
そのため、結局は安いスキンケアコスメで、どうにか肌悩みを改善するしかなくなってしまいます。
高級な美容液なんてものは、なかなか、手が届くものではないんですよね。
仮に数回購入できたとしても、肌悩みが改善される効果をしっかり実感できるまで、継続して使用することは、簡単ではないでしょう。
それが、アラサー、アラフォーの女性のスキンケア事情の現実です。
美魔女と呼ばれる美しい女性も増えてきていますが、やはり、イロイロ聞いていると、毎日のスキンケアにお金も時間もかけている方が多いですよね。
そんな余裕がある人は、本当に一握りなんです。
安い化粧品でも、しっかりアラサー・アラフォーの年齢肌悩みをカバーしていくことは、なかなか難しいことです。
仕事や育児が忙しくて、自分にかけられる時間が少ないというのも、この年代の女性の大きな悩みですね。
隙間時間のマッサージやこまめな保湿ケアで、お金も時間もかけずに、年齢に負けない美肌を保っていきたいですね!

カテゴリー: スキンケア | コメントは受け付けていません。